So-net無料ブログ作成

Love you

旅の準備が捗らないのはいつものことだが、明日残業なんてことになったらアウトなので、必須アイテム(シーツ、筆記用具、馬油など)だけバックパックに詰めた。あとは、忘れても何とかなりそうなもの(例えば石鹸、ヘアブラシ)は明日持っていくかどうするか考えたらいいか。絶対忘れたくないのが、身体洗うやつと虫除けのアロマオイル。これらは、明日忘れないようにしないと!!ところで、2週間の滞在でタオル2枚、Tシャツ2枚、下着3セットというのは少なすぎかしら。現地では洗濯(手洗い)するつもりだけど。あー久しぶりのタイ。今日は上司に、連絡取れるようにしといてねと言われた。(仕事で)何かあったときに困るからという理由だけど、休暇くらい仕事から離れさせてと休暇中の業務連絡はお断りした。明日忘れないように銀行行って現金おろしておかないと。忘れそうだ。
nice!(1)  コメント(2) 

通わせて迷わせて

マクロビオティックを実践中の母のために、全粒粉と黒砂糖でカップケーキを焼いている。真夜中に毎晩。くるみやレーズンを入れたり、黒胡麻を生地に混ぜたり。大雑把な性格のerieなので、もちろん計量なんてするわけながなく、毎日違った食感。ふくらんだり、ふくらまなかったり。しっとりしたり、ほわほわになったり。大きくは分量は変えないので食べられないほど不味いものはできないし、そんな違いも飽きなくていいかもと前向きに思うのだが、几帳面な母がどう思っているのかは知らない。作るたびに菓子職人ってすごいと感心してしまう。室温にまで気を使うし。全部が適当なerieにはありえないことだ。今日は取り掛かりが遅くなったのでこんな時間になった。朝ごはんが楽しみだ。
nice!(1)  コメント(0) 

げんきのもと

Grapevineを久しぶりに聴いた。いい。切ない。もっと売れていいのにな。なんで売れないんだろうね。通院の結果がよかったらしく母の機嫌がよい。気にしてないと言いつつも、気分はやっぱり違うようだ。上司に呼ばれて話をした。管理部から聞いたようで、業務に関しての問題点や改善点などを質問された。そして、辞めて欲しくないと涙目で言われた。というよりお願いされた。どういう感情なのか知らないが、泣き落としは困るのだけど。明日からマヤ手帳解禁。
nice!(1)  コメント(0) 

夏の夕暮れ

Sがバックパックを譲ってくれたので、お礼にPAUL&JOEのグロスをプレゼントした。バックパックはもともとSももらった物らしく、当時から付いていた暗証番号がわからないダイヤル式の南京錠は、ファスナーの取っ手にアクセサリーのようにくっついていた。Sが外そうと何度も試したと言っていたので、めんどくさがりのerieは鍵を切るつもりでいた。2日くらい経って、テレビであるモデルが愛読書「ザ・シークレット」を紹介しており、行動を起こす前に必ず感謝するように心がけると物事がうまく運ぶ、というようなことを言っていた。さっそくerieも南京錠を両手で挟み「外れてくれてありがとう」と何度か言った。そして、ゆっくり番号を回してみたら、なんと、ほんとに鍵が開いた。鳥肌が立った。実は、その前日も外そうと小さい番号から順番に合わせていったけど指先が痛くなってきて放棄したのだった。それが開くなんて。うれしくてSにメールを送った。そして、南京錠の暗証番号を自分の誕生日に変えた。新しい鍵を買わずにすんだしよかった。タイへはこのバックパックを持っていくことにした。
nice!(1)  コメント(2) 

森を守る人

皆既日食だった。曇っていたそうなので、屋久島行かなくてよかった。会社の窓から何度も空を眺めたけど、厚い雲に覆われたどんよりとした暗い空。見えなかったね。と会社の人に言ったら、そっち北だから見える訳ないよと言われ大変ショックを受けた。京都では、三日月の太陽が見えたらしい。あーあー。ざんねーん。そんなこををしている間、母といえば一人で映画を2本も観ていたらしい。ニコラス・ケイジの映画がおもしろかったらしく、帰宅して内容を全部話てくれた。これから観る予定のerieには迷惑なことだ。梅はいっぱいいっぱいの梅酢があがったので、紫蘇を漬けた。帰国して夏の暑い時期に干すことにしよう。katespadeのバッグの持ち手が外れた。いきなり革が切れた。嗚呼もうどうしたら。代用のバッグは、昔使っていたコム・デ・ギャルソンのブルーのトートバッグにした。カジュアル過ぎるから好みではないのだけど、シンプルにしたいし、ファッションに拘るのもやめようと思った。
nice!(1)  コメント(0) 

すてきな青空

崩れそうな完熟青梅だったからか漬けて1週間で梅酢があがった。オーガニックスーパーへ生花のように束ねられた赤紫蘇を買いに行くと見当たらない。どうやら販売終了らしい。なので今年は、パックされたものを買うことにした。今、色付けをしたとすると月末くらいに干さなければならないが、タイへ行くので帰国後の8月中旬以降になる。漬かり過ぎなんてあるのかしら。韓国からEメイル。友人Mからで、夏休み日本へ遊びに来る計画だったが、お父さんに癌が見つかり旅をキャンセルしたのだと書いてあった。彼はerieと同じ歳だから、お父さんも母くらいの年代だろうと思う。erieも癌の母を京都に呼んだので現在は一緒に暮らしていることなど、近況を書いて返信した。ふと、Mと知り合うきっかけになったMの元カノEにMのお父さんが癌であることを教えた方がいいのか?などと頭をよぎったが、もうふたりが別の道をすすんで何年も経つし、Mに頼まれてもいないことをするのは止めておこうと思い直した。だが、ふたりが付き合っている頃、EはMのご両親からとても大切にされていた様子だったから、となんだかやっぱり気になる。母は調子があまり優れないようだ。副作用のぶつぶつが出ていないところを見ると、イレッサを飲んでいないのではないかと思う。痛みなく、日々を過ごせたらそれでいいと思うから、何も言わないでおくことにする。
nice!(1)  コメント(0) 

あたときいろとみろりろり

仕事が窮屈になってきた。昼休みに違うヨガ教室へ体験の申し込みをしたらすぐに電話がありその日の夜のコースを受講することになった。場所はちいさな神社。講師は母くらいの年代のずんぐりしたおばさん。開始まで時間があったのでシャバーアサナをしようと思っていたのに、このおばさんがとてもよく喋るのでできなかった。たくさん喋るのが得意ではないerieは相槌をいれるのみ。ストレッチ中心のヨガで気持ちがよかった。家に近いのは良いけど、今通っているヨガは木曜なので2日連続は難しいかなと躊躇するところ。祇園祭なので観光客で賑わっている。暑いのにみんなすごいなと呆れながら会社の窓からその様子を眺める。家の周りに野生化してるハーブをいくつか混ぜて防虫スプレーを作った。試しに網戸にふりかけてみたら守宮が寄ってこなくなった。効果あるのかも。マヤ暦のスケジュール帳を妹にも買ってあげたのだが、意味がさっぱりわからないのでerieは手帳を開く気がしなくなってきたのだが、妹といえば記号のようなマークの意味を1回見ただけで覚えたらしく、覚えたというよりかは、「思い出す」感覚に近いものだったので不思議と言っていた。そういえば、この前のロイのチャネリングの時、erieよりも妹の方が南米と縁があると言われた話をした。すると妹は、でも自分には南米にピンと来るものがないから、いい縁ではないのかもしれないけど今生で解消しておかなくてはいけない何かがあって、自分からは近づかない国だからお姉ちゃんが連れて行ってくれるのかもね、と言っていた。そういえば、そうだ。erieは妹の手助けをしろ、と上の人に言われていることだし。このことなのだろう。ロイは、南米へ行ったらerieよりも妹がとても大変になるけど行く方がいい、と言っていた。大変なこと、って何だろう。そのことも妹に言ったら、南米にビビリ始めた妹。自分で決めると怖いから、スケジュールは全部お姉ちゃんに任せるわ、と言われたので、ラッキー。erieは行きたいところに行けるぞ。
nice!(1)  コメント(0) 

my friends

右肩重くて食欲振るわず。母に憑いてるんじゃないと言われる。遊びに来ていた妹も怖がって母の部屋で寝ると言う。夜中、寝付けず、やっと眠れても身体が突然ビク!となるので目が覚め、それからは人の気配で眠れず。眠りに落ちそうになっても、変な夢ですぐに目が覚めてしまい、なかなか寝付けない。仕方ないので、電気とテレビを付けて寝ることにした。翌朝、瞑想をして浄化する。身体が軽くなった気がして昼食を食べに母の部屋へ行くと復活したようね、と言われる。どうやら母もわかる人らしい。あまりこういう話をしたことがなかった。というか、こういう話をすると母はいつも話題を逸らすので、信じてないのかと思っていた。昼から、パスポートを取りに行き、帰りにオーガニックスーパーへ寄る。品切れだろうと思っていた青梅が半額で出ていたので迷わず全部買い占めた。ひとりでは持ち帰れそうにないので後で取に来ることにした。帰宅して、妹と一緒に梅を取りに行き、その帰りにビストロへ行く。デザートが目的だったのだけど、スポンジ系のケーキがなかったので、いわしの香草焼きにした。そして、全然合わないけど、コーヒー。気持ちの悪い組み合わせなので、別でいただけばいいかと思ったのだが、暑かったのでビールにすればよかったとちょっと後悔。いわしの香草焼きにはパンがついてくるのだけど、このパンがどっしりしていて、表面が香ばしくて美味しい。香草焼きはオリーブオイルがたっぷりかかっているので、それをつけていただくと塩味とハーブの風味が食欲をそそる。夕飯前にたらふくいただいて満腹になった。
nice!(1)  コメント(0) 

西へすすむ

Sと別府へ温泉旅行。待ち合わせに遅れてしまって指定席が無駄になったものの、別府まで座って到着できた。古い旅館だったからか、5回も金縛りにあいそのうちの1回は右足を掴まれている感覚があった。苦しさに隣で寝ているSに目を覚ましてと念じながら声を上げようとしたけど声にならず。いつのまにか眠ったようで気がついたら朝を迎えていた。怖がるだろうと思ったので、宿を出てからSにその話をしたら、一度眠ったら目が覚めることあまりないのに夜中に5回も目が覚めて、その時erieがクンクン魘されてたけど、あれは私を呼んでたんやね。と言っていた。それにしても、Sとは最近波長が合わない。やっぱりこの旅も一度は流れたものだ。それにも、ちゃんと意味があったんだろうな。流されず、自分の直感を信じて行動しよう。
nice!(1)  コメント(0) 

夏が似合う人

バンコクまでのチケットを手配した。タイ航空14FIX空港税も込みで40850yen。いい買い物をした。バンコクへは早朝到着するのだが、土曜なのでマッサージスクールは休みである。急ぐ必要はないのでバンコクからは鉄道で移動することにして、チェンマイ行きの航空券はとらないことにした。久しぶりのチェンマイだ。思い出にときめく。初めてチェンマイへ行った時、たくさんの人に親切にされた。そして、あるタイ人に見初められ毎日至れり尽くせりで、帰国の日にはプロポーズまでされてしまった。でも、タイ人は日本人が好きというのを知っていたので、国籍目当てかと訝しげにしていたerieの態度は冷たかった。ホテルの外で空港まで送ると泣くので余計に冷たくあしらってしまった。だが帰国してからも手紙や贈り物が届いた。eireには恋人が居たので返事はしなかったが、今思い返すと、本気だったのかもしれない。だとしたら申し訳ない態度をしてしまったと反省してしまう。純粋に想いを伝えてくれている相手に対して、実に失礼な態度をとった。きっと傷つけてしまっただろうな。その数年後、友達とチェンマイを訪れた。そして、偶然にもその彼に道でばったり出会った。しかも、流暢に日本語を話ていて、そのことに驚かされたのを覚えている。それからさらに数年経つけれど、また会えるのだろうか。チェンマイは大きく変わったようだし、どうなっているのだろう。いろんな出会いを含めてもいろんなことが楽しみだ。
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。