So-net無料ブログ作成
検索選択

もっとずっと遠くへ

残業をしたので遅く帰宅。お風呂にはいっている間に母が焼きうどんを作ってくれる。母の焼きうどんは美味しい。コツは炒めるときにマヨネーズを少し加えるのだそうだ。こっくりとした味。母は薬を替えないことに決めたのだそうだ。次の検査で結果が更に悪くなっていたらイレッサを毎日服用してみると。erieも賛成した。取引先さんとの飲み会の話。ひとりが参加できなくなってしまったので2人で食事をする流れになってしまった。仕事の電話では毎日話をしているけど、ふたりきりで会うのはもちろん初めてなのでちょっとどきどきする。
nice!(0)  コメント(0) 

逆さま読みの国

土曜日曜と夕飯を作った。母もお肉を食べないので献立を考えるのが楽でいい。土曜日は、干秋刀魚が安かったのでそれと山盛グリーンサラダにもやしと三つ葉をさっと茹でて胡麻油と醤油で味付けしたもの、山盛りの茗荷をスライスして甘酢で漬けたものにめかぶ。今日は、ししゃもを食べたかったのだけど、母が乗り気でない様子だったので変更して、野菜のみの夕飯。ひじき煮と山盛グリーンサラダ、大根葉とじゃこの炒め、エリンギとさつまあげを素焼きにしたもの、冷奴。とてもヘルシーだし、粗食は作るのが楽でよい。先日の検査結果も数値がよくなかったらしく、薬をイレッサからタルセバに替えようかと言われたそうだ。タルセバはイレッサよりも強いようだ。母はイレッサを毎日処方されてるのだけど、副作用(痒みやぶつぶつ)がひどいので、母は自分の体調に合わせて量を加減して服用している。毎日飲んでいたら、それなりの効果が出るかもしれない。だからタルセバに切り替えるよりも、イレッサを毎日飲むようにしてはどうかと母に言った。3週間後の検査結果を見て、投薬をどうするか検討するのだそうだ。そもそも、薬を否定しているという矛盾があるから、行き着くところだろうなと想像はしていたが。薬は難しい。そして、偏った思考も考えものだと思った。薬はいつか効かなくなってくる。どの段階でどうしていきたいか、それにフォーカスするしかない。母がどうしたいのかを手伝っていくしかない。最近は頻繁に咳をしているし、家にいることが多くなってきたようだ。そして、体力に不安があるのか、スーパーも自分で歩いて行くようにしている様子。その時が近づいていると思うととても哀しくなるのだけど、受け入れなくてはいけないし、側に居て受け入れる準備をしていくことがeireの学びなのだろうなと思う。母が弱っていく姿をちゃんと生きている今を見つめていかなくては。看取るということはとても哀しくてつらいことだけど、とても愛のあることだと感じる。うさぎが死んだ時も祈っていたことだけど、できるだけ苦しまずにその時を迎えて欲しいと願う。死は平等に訪れる。だから、そんなことはわかっているから、せめて苦しまずにつれていって欲しい。うさぎも一緒に迎えにきてくれたら、母はきっと安心できると思うのだけど。
nice!(0)  コメント(0) 

毎日が日曜日

メールアドレスを教えてくれたものの交流する気分にはやっぱりなれなくて、帰国してからその人には連絡をせずにいた。すると今日メールが届いた。短い挨拶文とタイで撮ってくれた写真が添付してあった。仲良しになったKからもメールが来てたので次にそちらを読んでみると、昨日、erieの話題になったとき自分のとこにはメール来てないけどKには来たのかと質問されたのだそうだ。気まずかったので、迷惑ホルダーに入ってるんじゃないかと答えたらしい。それで今日メールが届いたのかと納得。苦手なタイプの人なのだ。他人の気持ちを考えずに思ったことを全て口に出し(しかも暴言)て相手を不快にさせる人(自覚がないので質が悪い)。ブログに実名と年齢を書くのでそれは止めてと抗議したら、一緒に食事に来ているのに途中で帰ってしまうような大人気ない人。美少女と紹介してくれたのは嬉しいが、(顔はわかりにくくなっているとはいえ)写真も載せてるんだから実名は止めて欲しいものだ。だが、この人にはその嫌がる理由が理解できないようで説得するのに手こずった。この人にすっかり怒ったYなんかは、これほど人を不快にするブログを書く才能はたいしたもんだと呆れてerieにメールしてきたほどだ。それほど人を怒らせているのに、本人は全く気がついていない。一体どうしたものか。もう関わりたくないから返信はしたくないのだけど、写真を送ってくれたのだしこのまま無視するのもな。悩むところ。今日、Tが通っているスクール全身マッサージネイルアートのモデルをしてきた。至れり尽くせりの至福の5時間。気持ちがよかった。お肌もつるつるすべすべ。erieが寝坊してランチをキャンセルしてしまったのはほんとに申し訳なかった。
nice!(0)  コメント(0) 

許せないことを誰かのせいにしても

久しぶりにヨガへ行ったら人が少なくなって雰囲気も穏やかにいいかんじ。太陽礼拝も少し変わっていてこれがきつい。お陰で今日は筋肉痛。脚裏の筋肉が痛い。タイで何人かとメール交換をした。そのうちの大阪からの旅人にマヤ暦の本(彼はマヤ暦を使って10年!だそう)を拝借したので、そのお礼をと思いCメールを送ってみた。まだ帰国されてないらしく送信はされない。まだ旅の途中だなんて羨ましいな。肝心の借りた本は泊まりにきていた妹が持って帰ってしまった。帰国してから洋食ばかり。タイでせっかく落ちた体重ももう戻ってしまいそうだ。
nice!(0)  コメント(0) 

愛を注ぐ人

深夜に親友からの電話。もしもしと出ると戸惑った声がした。タイから帰国してないものだと思っていたらしく、erieが出たので驚いていたのだそうな。帰国したなら教えてよと怒られた。ごめんよ。でも、電話に出ないと思ってて電話するのかと疑問に思っていたら、親友はなんだか元気がない様子。聞くと寂しくて電話してきたのだそうだ。東京へ引っ越して2ヶ月が経つのだけど、何もする気が起きないらしい。友達もいないから外出もせず部屋に篭っているのだとか。そんな彼女の様子を見かねた彼のすすめで、知り合いのレストランで働きはじめたらしいが、人が合わないらしくすでに辞めたいらしい。そして、どうせ働くなら、もっとちゃんとしたところで働きたいと考えているのだとか。疲れたときでもこのへんプライドがあって情熱的。あまり愚痴を言わない親友が、ぽろぽろと自発的に喋るのでよっぽどなのだと思った。来月の連休にでも会おうと約束する。ほんとはまたタイへ行こうかと計画していたのだけど、こういうことなのだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 

綿菓子とこんぺいとう

メールの返信には、なんだか久しぶりに声聞きたくなって、帰ってきたときは連絡ください。おいしい煎茶のみながらお互いの人生・未来なんかをはなしましょう。と書いてあった。そうだ、ずっと昔、夜を背にふたりで未来なんかを語り合った。なんて幸福な時間だったのだろうと思う。うっとりするような甘い感触だけはふわりと残っている。今は、誰かとの未来なんて考えただけでもゾッとする。誰かとの未来を考える行為の不毛さにうんざりし、その無意味さを馬鹿馬鹿しく思っているのだ。それでも、そういう時間を共有できる相手がいるというのは、全てが許されているような安心感を与えてくれる。陽がきらめく水面のように、たださらさらとそこにありたい。
nice!(0)  コメント(0) 

惑わされないでいること

昨日は母の誕生日。昨年9月、余命3ヶ月長くても半年と宣告されたけれど無事誕生日を迎えた。タイでは、もう1週間滞在を延ばせないかと誘われたけれど、そんな訳あって予定通りちゃんと帰国したのだった。妹が来て、マクロビケーキを焼いて伯母が持ってきた酢飯で手巻き寿司にした。母の誕生日は、これが最後なのかもしれないと思ったりしたが、もう涙は出ない。こころは、死の訪れを受け入れられるようになってきたのだと思う。携帯メールアドレスに遠い昔、結婚を約束した相手からメールが来ていた。連絡先変わったの?というだけの短い1文。どういう意味だろうと思って、住所のこと?電話番号のこと?と返信をしたが返事はない。そして、妹からは、そういえばRからerieと連絡が取れないんだけどと電話があったよと言われた。東京から自転車帰省していたらしく、途中でerieのところに泊めてもらおうと思っていようだった。久しぶりな元彼たちからの連絡。なんだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

鮮やかに染まる空に泣いた

2週間の旅も終わり。たくさんの親切と出会いに感謝。思い出をありがとう。次回も必ず訪れたい人たち。成り行きで先生宅にステイすることになったので、バイク3人乗りで遠出したり、ショッピングセンターへ行ったり貴重な経験をすることができた。屋台では、水が飲めるようになっていて、生野菜も食べられた。コンビニ銀行が増えてコーヒーショップ(!)ができていた。昔のあの粉っぽくて甘ったるいコーヒーが飲みたかったな。大事な大事なMY旅のメモ帳を自宅に置いてきてしまい情報がなくて、入国後空港からの移動から困ったのだけど、地元の人が案内してくれたので助かった。ガイドブックを持たないerieは、事前に交通とか調べて書き留めておいたのに全部が無駄となってがっくり。そして、もうひとつの忘れ物は空港で海外旅行保険に加入すること。空港到着がぎりぎりで慌てていたこともありすっかり忘れていた。機内で気がついたので仕方ないと諦めたが、現地の長期滞在者が保険加入のために一時帰国するとか言っていたし、蚊対策のために、暑いのに厚手の上着を着ている旅行者にも会った。デング熱にかかった2人の話を聞いたのでかなり警戒していたけど、事故も含めて何事も無くてよかった。マッサージ以外はなにもせず。観光らしい観光は、滝がある川まで泳ぎに行ったくらいで、あとはほとんど屋台で食べたり、たまに屋根のある店(レストランとは言いがたい)へ行ったり。別のスクールへも興味があるので近いうちにまたタイへ行こうと思う。マッサージは奥が深いことが身に染みた。自然はすごい。人はすばらしい。旅はよい。
nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。