So-net無料ブログ作成

許せないことを誰かのせいにしても

久しぶりにヨガへ行ったら人が少なくなって雰囲気も穏やかにいいかんじ。太陽礼拝も少し変わっていてこれがきつい。お陰で今日は筋肉痛。脚裏の筋肉が痛い。タイで何人かとメール交換をした。そのうちの大阪からの旅人にマヤ暦の本(彼はマヤ暦を使って10年!だそう)を拝借したので、そのお礼をと思いCメールを送ってみた。まだ帰国されてないらしく送信はされない。まだ旅の途中だなんて羨ましいな。肝心の借りた本は泊まりにきていた妹が持って帰ってしまった。帰国してから洋食ばかり。タイでせっかく落ちた体重ももう戻ってしまいそうだ。
nice!(0)  コメント(0) 

愛を注ぐ人

深夜に親友からの電話。もしもしと出ると戸惑った声がした。タイから帰国してないものだと思っていたらしく、erieが出たので驚いていたのだそうな。帰国したなら教えてよと怒られた。ごめんよ。でも、電話に出ないと思ってて電話するのかと疑問に思っていたら、親友はなんだか元気がない様子。聞くと寂しくて電話してきたのだそうだ。東京へ引っ越して2ヶ月が経つのだけど、何もする気が起きないらしい。友達もいないから外出もせず部屋に篭っているのだとか。そんな彼女の様子を見かねた彼のすすめで、知り合いのレストランで働きはじめたらしいが、人が合わないらしくすでに辞めたいらしい。そして、どうせ働くなら、もっとちゃんとしたところで働きたいと考えているのだとか。疲れたときでもこのへんプライドがあって情熱的。あまり愚痴を言わない親友が、ぽろぽろと自発的に喋るのでよっぽどなのだと思った。来月の連休にでも会おうと約束する。ほんとはまたタイへ行こうかと計画していたのだけど、こういうことなのだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 

綿菓子とこんぺいとう

メールの返信には、なんだか久しぶりに声聞きたくなって、帰ってきたときは連絡ください。おいしい煎茶のみながらお互いの人生・未来なんかをはなしましょう。と書いてあった。そうだ、ずっと昔、夜を背にふたりで未来なんかを語り合った。なんて幸福な時間だったのだろうと思う。うっとりするような甘い感触だけはふわりと残っている。今は、誰かとの未来なんて考えただけでもゾッとする。誰かとの未来を考える行為の不毛さにうんざりし、その無意味さを馬鹿馬鹿しく思っているのだ。それでも、そういう時間を共有できる相手がいるというのは、全てが許されているような安心感を与えてくれる。陽がきらめく水面のように、たださらさらとそこにありたい。
nice!(0)  コメント(0) 

惑わされないでいること

昨日は母の誕生日。昨年9月、余命3ヶ月長くても半年と宣告されたけれど無事誕生日を迎えた。タイでは、もう1週間滞在を延ばせないかと誘われたけれど、そんな訳あって予定通りちゃんと帰国したのだった。妹が来て、マクロビケーキを焼いて伯母が持ってきた酢飯で手巻き寿司にした。母の誕生日は、これが最後なのかもしれないと思ったりしたが、もう涙は出ない。こころは、死の訪れを受け入れられるようになってきたのだと思う。携帯のメールアドレスに遠い昔、結婚を約束した相手からメールが来ていた。連絡先変わったの?というだけの短い1文。どういう意味だろうと思って、住所のこと?電話番号のこと?と返信をしたが返事はない。そして、妹からは、そういえばRからerieと連絡が取れないんだけどと電話があったよと言われた。東京から自転車で帰省していたらしく、途中でerieのところに泊めてもらおうと思っていようだった。久しぶりな元彼たちからの連絡。なんだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

鮮やかに染まる空に泣いた

2週間の旅も終わり。たくさんの親切と出会いに感謝。思い出をありがとう。次回も必ず訪れたい人たち。成り行きで先生宅にステイすることになったので、バイク3人乗りで遠出したり、ショッピングセンターへ行ったり貴重な経験をすることができた。屋台では、水が飲めるようになっていて、生野菜も食べられた。コンビニや銀行が増えてコーヒーショップ(!)ができていた。昔のあの粉っぽくて甘ったるいコーヒーが飲みたかったな。大事な大事なMY旅のメモ帳を自宅に置いてきてしまい情報がなくて、入国後空港からの移動から困ったのだけど、地元の人が案内してくれたので助かった。ガイドブックを持たないerieは、事前に交通とか調べて書き留めておいたのに全部が無駄となってがっくり。そして、もうひとつの忘れ物は空港で海外旅行保険に加入すること。空港到着がぎりぎりで慌てていたこともありすっかり忘れていた。機内で気がついたので仕方ないと諦めたが、現地の長期滞在者が保険加入のために一時帰国するとか言っていたし、蚊対策のために、暑いのに厚手の上着を着ている旅行者にも会った。デング熱にかかった2人の話を聞いたのでかなり警戒していたけど、事故も含めて何事も無くてよかった。マッサージ以外はなにもせず。観光らしい観光は、滝がある川まで泳ぎに行ったくらいで、あとはほとんど屋台で食べたり、たまに屋根のある店(レストランとは言いがたい)へ行ったり。別のスクールへも興味があるので近いうちにまたタイへ行こうと思う。マッサージは奥が深いことが身に染みた。自然はすごい。人はすばらしい。旅はよい。
nice!(1)  コメント(2) 

Love you

旅の準備が捗らないのはいつものことだが、明日残業なんてことになったらアウトなので、必須アイテム(シーツ、筆記用具、馬油など)だけバックパックに詰めた。あとは、忘れても何とかなりそうなもの(例えば石鹸、ヘアブラシ)は明日持っていくかどうするか考えたらいいか。絶対忘れたくないのが、身体洗うやつと虫除けのアロマオイル。これらは、明日忘れないようにしないと!!ところで、2週間の滞在でタオル2枚、Tシャツ2枚、下着3セットというのは少なすぎかしら。現地では洗濯(手洗い)するつもりだけど。あー久しぶりのタイ。今日は上司に、連絡取れるようにしといてねと言われた。(仕事で)何かあったときに困るからという理由だけど、休暇くらい仕事から離れさせてと休暇中の業務連絡はお断りした。明日忘れないように銀行行って現金おろしておかないと。忘れそうだ。
nice!(1)  コメント(2) 

通わせて迷わせて

マクロビオティックを実践中の母のために、全粒粉と黒砂糖でカップケーキを焼いている。真夜中に毎晩。くるみやレーズンを入れたり、黒胡麻を生地に混ぜたり。大雑把な性格のerieなので、もちろん計量なんてするわけながなく、毎日違った食感。ふくらんだり、ふくらまなかったり。しっとりしたり、ほわほわになったり。大きくは分量は変えないので食べられないほど不味いものはできないし、そんな違いも飽きなくていいかもと前向きに思うのだが、几帳面な母がどう思っているのかは知らない。作るたびに菓子職人ってすごいと感心してしまう。室温にまで気を使うし。全部が適当なerieにはありえないことだ。今日は取り掛かりが遅くなったのでこんな時間になった。朝ごはんが楽しみだ。
nice!(1)  コメント(0) 

げんきのもと

Grapevineを久しぶりに聴いた。いい。切ない。もっと売れていいのにな。なんで売れないんだろうね。通院の結果がよかったらしく母の機嫌がよい。気にしてないと言いつつも、気分はやっぱり違うようだ。上司に呼ばれて話をした。管理部から聞いたようで、業務に関しての問題点や改善点などを質問された。そして、辞めて欲しくないと涙目で言われた。というよりお願いされた。どういう感情なのか知らないが、泣き落としは困るのだけど。明日からマヤ手帳解禁。
nice!(1)  コメント(0) 

夏の夕暮れ

Sがバックパックを譲ってくれたので、お礼にPAUL&JOEのグロスをプレゼントした。バックパックはもともとSももらった物らしく、当時から付いていた暗証番号がわからないダイヤル式の南京錠は、ファスナーの取っ手にアクセサリーのようにくっついていた。Sが外そうと何度も試したと言っていたので、めんどくさがりのerieは鍵を切るつもりでいた。2日くらい経って、テレビであるモデルが愛読書「ザ・シークレット」を紹介しており、行動を起こす前に必ず感謝するように心がけると物事がうまく運ぶ、というようなことを言っていた。さっそくerieも南京錠を両手で挟み「外れてくれてありがとう」と何度か言った。そして、ゆっくり番号を回してみたら、なんと、ほんとに鍵が開いた。鳥肌が立った。実は、その前日も外そうと小さい番号から順番に合わせていったけど指先が痛くなってきて放棄したのだった。それが開くなんて。うれしくてSにメールを送った。そして、南京錠の暗証番号を自分の誕生日に変えた。新しい鍵を買わずにすんだしよかった。タイへはこのバックパックを持っていくことにした。
nice!(1)  コメント(2) 

森を守る人

皆既日食だった。曇っていたそうなので、屋久島行かなくてよかった。会社の窓から何度も空を眺めたけど、厚い雲に覆われたどんよりとした暗い空。見えなかったね。と会社の人に言ったら、そっち北だから見える訳ないよと言われ大変ショックを受けた。京都では、三日月の太陽が見えたらしい。あーあー。ざんねーん。そんなこををしている間、母といえば一人で映画を2本も観ていたらしい。ニコラス・ケイジの映画がおもしろかったらしく、帰宅して内容を全部話てくれた。これから観る予定のerieには迷惑なことだ。梅はいっぱいいっぱいの梅酢があがったので、紫蘇を漬けた。帰国して夏の暑い時期に干すことにしよう。katespadeのバッグの持ち手が外れた。いきなり革が切れた。嗚呼もうどうしたら。代用のバッグは、昔使っていたコム・デ・ギャルソンのブルーのトートバッグにした。カジュアル過ぎるから好みではないのだけど、シンプルにしたいし、ファッションに拘るのもやめようと思った。
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。